日本福音ルーテル小石川教会手話による主の祈り・使徒信条主の祈り-3

手話による主の祈り-3

たまえ。 われらに つみを 犯す
たまえ。 われらに つみを 犯す
「願う」 「わたしたち」

「悪」:人差指で
鼻先をなでるように
横切り下ろす
両手の人差指
左の方から自分の
方に突き出す

者を われらが ゆるす ごとく(1/2)
者を われらが ゆるす ごとく(1/2)
「人々」:親・小指を
立てた両手をゆらし
つつ左右に離す

(「人々」の
左手を表し)→
「ゆるす」:右手の
拳を倒す
(「人々」に向けて)
「同じ」
(正面で表現)

(2/2) われらの つみをも(1/2) (2/2)
(2/2) われらの つみをも(1/2) (2/2)
「同じ」
(右上で表現)
「わたしたち」 「悪」+「反抗」→ 「反抗」
肘をつくように
張る

ゆるし たまえ。 われらを 試みに
ゆるし たまえ。 われらを 試みに
「ゆるす」
(右上から自分の
方へ倒す)
「願う」 「わたしたち」 「ごまかす」
「狐」(指文字「き」)
を自分に向け回す

≪ 前へ 次へ ≫

copyright(C) Japan Evangelical Lutheran Koishikawa Church